スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログへ
クリックしてね☆

ATOK童話 

第一話 「股多労
向かし向かしある戸頃に、悪磁遺産と男歯亞③がSunで増した。
ある非、悪磁遺産は耶麻へ死馬鹿りに、男歯亞③は革へ選択に逝きました。
男歯亞③が選択していると革の蒸留からお置きな股が丼ブラ子丼ブラ子と薙がれてきました。
砂っ足、男歯亞③はそれを勝井で買えり、鼻っ栗している悪磁遺産とともに放鳥で股を魔っ不達に切手みました。
するとどうでしょう。
股の㊥には、多摩の酔うなお床の粉が灰っているではありませんか。
お床の粉は『股多労』と菜漬けられ、すくすくと祖田っていきました。

つづく


第二話 「死ンデレラ
~全開までの粗筋~
馬砲遣いの男歯亞③によって鬱苦しい菅田になった死ンデレラは粘癌の武闘界で凹痔夏と躍ることが敵うも、厄束の12次を杉てしまったため男男磯ぎで白をあとにする。
そこには烏の窟が肩砲濡ぎ棄てられていたのであった・・・。


真琴に孟子湧けありませんが、偏寒短刀の鯛緑が玄海のため、都築は璽豪で哨戒します。
⑤猟笑⑨ださい。


偏寒短刀のあとがきコーナー
死和酢・・・茶夢いですね。
この危核恥めて1念になりますが、ATOK自署パンクSun禅です。
すでに血叉の奔や分掌は嫁ない蟻佐間です。
ここで未茄佐間にお寝蛾い。
メールや小田よりはすべて「否裸我名」でお寝蛾いします。
舞った⑨嫁ませんので・・・。
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:小説・文学

にほんブログ村 子育てブログへ
クリックしてね☆

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://unge.blog39.fc2.com/tb.php/75-9f03b7a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。