スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログへ
クリックしてね☆

つ、ついに・・・ 

天皇賞(春)

いや~強すぎディンパクト。
これまでは時計的な裏づけがあまりなくて、まぁ現役最強くらいかな程度な認識でしたが、今回の天皇賞は京都3200mだけでなく3200mというレース自体がほとんど存在しないけれど、それでも過去に3分16秒台がスズカメンボ・テイエムオペラオーの2度、3分15秒台がスペシャルウィーク、そしてビックリクリクリクリックリだったマヤノトップガンの3分14秒4。
これを1秒も一気に縮めちゃうとは・・・。

出遅れて、3コーナーから動いて、しかも最後の上がり3ハロン(600m)が11秒0-11秒2-11秒3で33秒5。
京都3000mの菊花賞レコードがセイウンスカイの3分3秒2、京都3000mレコードはタガジョーノーブルの3分2秒8で、残り200mを12秒で走っても届かない計算だものねぇ。
実際、今回の3000m通過タイムは3分2秒1で、ナリタトップロードの阪神で記録した3000mの世界レコード3分2秒5も上回ってるし。

どっかの新聞にも書いてあったけど、例えるならフルマラソンで42kmを走り終わって、最後を200mスプリント並の速さで駆け抜けるようなもの。
これじゃあ誰もついてこれないナリ。

これでもう国内のレースだと、レース中に何か起きるか、ハーツクライクラスの馬が中山のようなトリッキーっぽいコースでビックリ仰天戦法でもしないと勝てませんですよ。
リンカーンようやく完璧なレースができたのに運がない・・・。


というか、3連単当たったYO!
43倍ですが・・・。
でもついに今年初的中・・・長かった。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

にほんブログ村 子育てブログへ
クリックしてね☆

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://unge.blog39.fc2.com/tb.php/308-fe82d91f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。