スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 子育てブログへ
クリックしてね☆

プロ野球レンタル移籍について 

10球団がレンタル移籍に前向き!今季から暫定的な導入も
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200601/bt2006011702.html

期限付き移籍制度は、出場機会に恵まれない選手をレンタルして、チーム強化と移籍の活性化を図ろうとするもの。移籍期間中の年俸を譲り受け球団が肩代わりすることで、貸し出し球団の人件費負担を軽減することができる。トレードの交換要員がつりあわず補強に苦労しており、戦力均衡を訴えている楽天が強く要望して、これまで検討を重ねてきた。


阪神くんのように二軍でも結構強いぞよなチームがうらやましい・・・うらめしやあ・・・うら・・・なチームにとっては助かりますし、そういった選手やファンにしても期限付き制限があれば、いずれに戻ってくるし的な応援の仕方もあるかもねん。

ただ、

■記者の目…もっとも有効なのはFA制度の活用
--中略--
移籍を真に活性化したいのなら、FA制度改革が最も有効だ。取得までの期間を短縮して有資格者は全員自由契約とする。また一軍登録の少ない選手には一定期間でFA権を与える「マイナーFA」を導入する。その方がスッキリした形になるのではないか。


とあるけども、FA自体もやっぱり色んな問題があると思いますよ。
例えば「FA宣言して広島に移籍」とか聞きませんし。
まぁ広島はFAに対しては出て行く選手にもバイナラ的な扱いなわけですが・・・。
やはり人気があってお金のある球団に行っちゃうのは必然ですね。
まぁ今はまだ色んな制度をお試ししてみて、よりよいものに集約していく段階なのかもしれーぬ。
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

にほんブログ村 子育てブログへ
クリックしてね☆

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://unge.blog39.fc2.com/tb.php/164-d11b4380

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。